【2018年3月26日】資生堂、デジタル伸ばす、EC比率3年で2倍に、若者・アジア市場取り込み。

//【2018年3月26日】資生堂、デジタル伸ばす、EC比率3年で2倍に、若者・アジア市場取り込み。

【2018年3月26日】資生堂、デジタル伸ばす、EC比率3年で2倍に、若者・アジア市場取り込み。

資生堂がEC比率3年で2倍にするってよ!

“資生堂がデジタルシフトを加速している。このほど発表した2020年度までの中期経営計画では、売り上げに占めるインターネット通販の比率を、17年度比2倍の15%に高めることを盛り込んだ。社内の人材育成にとどまらず、外部サイトとの連携や買収した米スタートアップのノウハウも活用。今後の化粧品消費の主役である若年層の取り込みを急ぐ。”
(日経MJ: 2018年3月19日)

色々と1ヶ月以上サボってしまいました「じぶん的美容ニュースまとめ!」…。
各方面から「継続は力なり」とお叱りを受けてしまいまして、再度スタート致します。
大変申し訳ございません。

 

さて、上記ニュースですが…。
資生堂さん自体、中期経営計画で「デジタル強化は今後3年間の最優先事項」と表明しているようでして。
まぁ、今までECに力が入っていなかった分、かなり強烈な舵切りになると思いますし、それは時代からあたりまえな気もしますね。

 

資生堂さん自体のIRでも表示されていますが、こちらのサイト「ログミーファイナンス」でも、かなりまとまっていますので、御参照下さい。


(ログミーファイナンス:「2018年3月5日に行われた、株式会社資生堂新3カ年計画説明会の内容を書き起こしでお届けします。」https://logmi.jp/271561)

 

中計で結構重要な部分を抜粋してみますと…。

 

1つめは、「2020年から2030年(の生活者)を視野に入れたときに、世の中がどのように変わっていくのか」という部分。

”3つ目は、右上の「破壊的(テクノロジー台頭)」と、日本語で非常に厳しい言葉になるのですが。いわゆる、disruptiveで今までの延長線上にないような、世の中の変化が起こるということです。
そして4つ目は、「産業の構造的変化」。D2C(Direct to Consumer)モデルということで、メーカーがお客さまとものすごく近い関係になっていくことが、実現されるだろうということです。(想定されているのは)このような4つの変化です。”
(ログミーファイナンス:「2018年3月5日に行われた、株式会社資生堂新3カ年計画説明会の内容を書き起こしでお届けします。」)

 

この「破壊的(テクノロジー台頭)」とは、マーケティングでいう、「破壊的イノベーション」を意図しているのではないかなと思います。

破壊的イノベーションとは

「既存事業の秩序を破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーション」

と…。

いわゆる性能を向上させるなど、継続的改善等を意味する「持続的イノベーション」とは対極的なイノベーションモデルです。
例えば、フィルムカメラを駆逐したデジタルカメラや、スマホなどや既存流通を駆逐し始めているAmazonなどが破壊的イノベーションの例として挙げられるのではないでしょうか。

また、もう一つ気になる部分としては、

「それから、真ん中にありますように(流通との マーチャンダイジング協働ということで)、さまざまな流通……「SEPHORA」「ULTA」などと協働で、そこだけのマーチャンダイジングを作ることを、すでに始めています。」
(ログミーファイナンス:「2018年3月5日に行われた、株式会社資生堂新3カ年計画説明会の内容を書き起こしでお届けします。」)

 

ここで、「SEPHORA」「ULTA」などが入っている事が重要ではないでしょうか…。
ULTAについては、以前の自分的美容ニュースまとめにも掲載しましたので、是非ご覧ください。

 

もうね、SEPHORAやULTAが中計説明で出てきた時点で、もう既存流通にしがみついてない、と言いますか、私自身もしがみついては駄目だと思ってしまいます…。また、資生堂さんは、国内は見ていない、とまでは言わないけど、完全に海外にシフトしていくという感じます。時代だと思います。ホント…。自分も改めて心しないとダメですね。

また、ULTAみたいな「アマゾン耐性が強い」ビジネスモデルが日本に出てきてもいいと思う反面、こういうULTAモデルが日本市場に出てきていないのは、市場としてシュリンクし始めているという事を強く実感します。SEPHORAも確か日本で展開したものの、撤退してしまったと思います。

ちなみに、先日のLA出張でULTA見学行ってきましたw

これLAで訪問したULTAさん。
この話はまた今度w

 

さて、この件に関連するTwitterをのぞいてみますと

投資金額の話が多いですが、私は、

  • 既存流の破壊=ECへの選択と集中
  • さらなるグローバル化

がこの中計の醍醐味だと思います。

もうね、そういう時代なんですね。

By |2018-03-26T14:37:44+00:003月 26th, 2018|matome|1 Comment

About the Author:

One Comment

  1. […] 以前の資生堂のニュースにも書いた「SEPHORA」「ULTA」等のように、莎莎さんのビジネスモデルも変化しているのですねぇ。 […]

Comments are closed.

B to B

自社orアマゾンの配送システムとクーポンコードを使用する事で、「早く」、「便利に」、「卸価格」で商品を購入することができます。アマゾンの決済・配送システムを利用しているから安心。また、業販価格は、クーポンコードを持っているお客様のみ見ることができ、一般の方は業販価格を見ることができません。
クーポンで買うか買わないかはお客様の自由。まずは一度クーポンコードをゲットしてご確認下さい。

お取引き業者様募集中

常時、お取引企業様を募集しております。ご興味がある企業様は弊店までご連絡頂けますと幸いです。

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.